読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋勉強Blog

勉強記録をつけていきます。目標は初段。

ゴキ中6手目△5五歩

ゴキゲン中飛車

知り合いから新しい手を教えていただきました。


初手から
▲7六歩△3四歩▲2六歩△5四歩▲2五歩(下図)

ゴキゲン中飛車の立ち上がりです。
ここで△5五歩という手があるとのこと。

▲2四歩と仕掛けますが、
以下△同歩▲同飛に△5六歩(下図)

▲同歩△8八角成▲同銀△2二飛▲2三歩△5二飛▲2八飛△3二金(下図)

これで一局とのことです。


6手目△5五歩の一番のポイントは先手側の様々な変化を防げるということですね。

これまでは超急戦回避策として△3二金型を採用することも多かったです(下図)。

対して6手目△5五歩の最終図を再掲します。


回避策の欠点は、
・相手に飛車先を交換させて軽い形になっている。
穴熊にされる可能性がある。

などでしょうか。
6手目△5五歩の最終図では1歩損していますが、このあと△5六飛と走って歩を回収できそうですし、
何より居飛車側が穴熊に組みづらいというのがポイントでしょうね。



先手側の作戦を限定できるということで、なかなか有力そうです。
将来的にはもちろん先手側の様々な作戦も勉強していく必要があると思いますが、
今年1年のテーマとして終盤力の向上を大事にしていますので、序盤の変化を減らせるというのは重要なところです。
自分でも色々指しながら勉強していきたいと思います。