読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋勉強Blog

勉強記録をつけていきます。目標は初段。

勉強記録4

勉強記録

△5七歩と打つ変化を試してみました。
▲6八金寄が多いですが、相手の方は▲4八金と指されました。

▲4八金△8八角成▲同銀△3三角▲2一飛成△8八角成▲5五桂△6二玉▲7五角(下図)

▲6八金寄の形では△7八銀と打つ手があります。
本譜の形では△7八銀に▲6八金と上がられた時に指し手がわからなかったのですが、
△2二飛とぶつける手がありました。

△7八銀▲6八金△2二飛(下図)

▲同龍△同銀▲4九玉△7四歩で後手良し。


今泉四段の著書で解説されている形です。
この局面では▲6六歩と角道を止めるべきでした。
駒組の進展性の差から先手は長期戦に、後手は早めに戦いを起こしたいとのこと。
本譜は▲5八金左と上がったため、△8八角成▲同飛△4四角から戦いが起こりました。



また、こちら後手番の時に早めに飛車先を決められる一戦もありました。
中飛車にはしづらいのでノーマル四間にしてみましたが、中盤の分かれで悪くしてしまいました。
後手番で飛車先を決められた場合の戦型として、今後は四間穴を指そうかと考えています。
これから勉強したいと思います。